BDHQ/DHQとは

BDHQとは

 BDHQ(簡易型自記式食事歴法質問票:brief-type self-administered diet history questionnaire)はDHQの特徴を保ちつつ、構造を簡略化し、回答やデータ処理を簡便にしたものです。質問票はA3両面(A4にすると4ページ)で、平均回答時間は15分です。高齢者でない限り、回答に際して、栄養士など専門家のサポートは不要です。ただし、回収後、正しく回答されているか否かのチェックは必要です。

 大規模な栄養疫学研究や、栄養が従である(他の要因が主である)研究に用いることを目的として開発されました。しかし、最近では、その利用のしやすさから、アセスメント時間や予算には制限があるものの、できるだけ正確な指導を個人ごとに行なうことが求められる特定保健指導などでの利用可能性が期待されています。

 BDHQは専用の栄養価計算プログラムによっておよそ30種類の栄養素とおよそ50種類の食品の摂取量を算出できます。また、対象者ごとの個人結果帳票を出力することもできます。個人結果帳票には、現在、一般基本編、食事バランスガイド編、高血圧編、高脂血症編、糖尿病編、太りすぎ編、骨粗鬆症編、妊婦編、授乳婦編、詳細編があります。

 なお、BDHQの栄養価計算プログラムは、より正確な栄養価計算ができるよう、もっとたくさんの種類の栄養素について摂取量計算ができるようにという改良が、現在も毎日行なわれています。 また、BDHQは成人を対象とするもののため、小学生高学年用としてBDHQ10y、中高校生用としてBDHQ15y、3歳児用としてBDHQ3yの開発が行なわれています。

DHQとは

 DHQ(自記式食事歴法質問票:self-administered diet history questionnaire)は、栄養素や食品の摂取状態を定量的に、かつ、詳細に調べるための質問票を中心としたシステムです。1996年に開発が始められ、数多くの基礎研究を経て、現在では数多くの栄養疫学研究、その他の人間栄養学研究などに活用されています。

 DHQは、16ページからなる質問票とその周辺を取り巻くシステムです。DHQの質問票は回答に40分、またはそれ以上を必要とするもので、日本人用に問発された食事アセスメント用の質問票としては、おそらくもっとも詳紬な質問構造をもつものでしょう。DHQについては、すでにいくつかの妥当性研究が行われ、その長所、短所もある程度明らかにされています。

 また、数多くの栄養疫学研究で用いられ、その精度と信頼はほぼ確立したと考えてよいでしょう。質の高い栄養疫学研究を行うにはDHQの利用が強く勧められます。 なお、DHQは、高齢者への利用の拡大を図ることをひとつの目的として、22ページからなる拡大版(DHQ-L)が最近、開発されました。最近は、その記入のしやすさから、高齢者以外(中年層など)でも利用されるようになってきました。両者の質問項目はほとんど同じです。

 DHQ(ならびにDHQ-L)は専用の栄養価計算プログラムによっておよそ40種類の栄養素と150種類の食品の摂取量を算出できます。また、対象者ごとの個人結果帳票を出力することもできます。なお、DHQの栄養価計算プログラムは、より正確な栄養価計算ができるよう、もっとたくさんの種類の栄養素について摂取量計算ができるようにという改良が、現在も毎日行なわれています。

BDHQ/DHQの歴史

 BDHQは、DHQ(自記式食事歴法質問票:self-administered diet history questionnaire)の簡易版として佐々木敏博士により開発されました。

 DHQは、栄養素などの摂取状態を定量的に、かつ、詳細に調べるための質問票を中心としたシステムです。1996年に開発が始められ、数多くの基礎研究を経て、現在では数多くの栄養疫学研究、その他の人間栄養学研究などに活用されています。BDHQを理解するには、DHQについて、ある程度理解することが勧められます。

 BDHQはDHQの特徴をある程度保ちつつ、構造を簡略化し、回答やデータ処理を簡便にしたものです。大規模な栄養疫学研究や、栄養が従である(他の要因が主である)研究に用いることを目的として開発されました。

 また、BDHQは成人にしか用いられないため、現在、小学生高学年用のBDHQ(BDHQ10y)、中高校生用(BDHQ15y)、3歳児用(BDHQ3y)の開発も行なわれています。

ログイン後は【共有情報】
を必ずご確認ください。

毎週月曜日早朝3時から5時は、メンテナンスにより入室ができません。あらかじめご了承下さい。